2018年02月11日

日光浴と水浴び

画像 002.jpg
数日 気温も上がり、日当たりも良くなったので日のあるところに出して日光浴をしてます。
画像 003.jpg
画像 004.jpg
まだ肌寒いけど、水を入れると喜んでダイビングします。
健康で毎日のように水浴びさせれば水浴びしても羽が水をはじくのですが、寒い間はあんまり屋zつてなかったのでビッショリです。

posted by unaginonedoko at 12:09| Comment(0) | ローラーカナリア歌節訓練2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月04日

歌節研究会

今日は、お隣のクラブの歌節研究会。繁殖期目前の この時期ですが皆さんの自慢の鳥の声をききました。
IMG_20180204_110724.jpg
さすが、皆さん自慢の鳥。今シーズンも終わり、一旦訓練から解放され 多少、声は上ずってるものの音質や歌い方は抜群の鳥をたくさん聞かせていただきました。

ベテランから入会希望の方までと、巾のあるオーディエンスなので、まず黒板を使って座学の目学問で歌節についての説明がありました。
@点数が付く歌節
A点数は付けることが可能だが、現在ほとんど点数は付けず、採点表には鳴いたことを示すマークを入れる歌節
 DBWT、ベルロール、ベルツアー、ベルグルック
B鳴き傷

なぜAは点数を付けないのか、鳴かない方がいいのか
どの歌節が進んで(変化して)A、Bになりやすいか

といった説明がありました。

その後、各人の持ち寄った鳥の観賞と自己評価・オーディエンスの評価と感想と説明 と言う具合の進め方です。
公開審査のように優劣を競うのではないので 作出者の思いとか、周りの方から いいところ悪いところ等の評価、更に このように訓練なり環境を替えてあげればと言うようなアドバイスを受けることができます。わからないところがあっても聞くとその話題で止まってくれるところもいいですね。







posted by unaginonedoko at 21:55| Comment(0) | ローラーカナリア歌節訓練2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月29日

京都国際大会はあえなく撃沈

1月27,28日で京都国際大会が開催されました。
いつものように富士山に願掛けして参加
IMG_20180127_070246.jpg
行きの新幹線の中から、馴れないスマホ操作で何とか写した写真です。

優秀な成績を上げられた方々、おめでとうございます。

うちの結果は惨敗。
5羽出して、そのうち3羽は審査後に審査を担当した方に聞きましたが全て7−70と平均以下でした。
内容も元気に籠の中をうろうろとして、とても鳴き声を聞かせると言う奉仕の心がみじんもなかったということでした。
怖いので聞かなかったのけど残りの2羽も同様でしょう。

去年も同じだけど、いつもは室外で寒い中で暮らし、籠をエアコンなしの寒くてやや暗い室内に移して鳴き声を聞いてたので会場の気温と明るさで一気に春が来ていきり立ったのでしょう。
昨年も今年も、出品前に見てるとバタバタしてて結果も良くなかったので、自分の訓練や飼育の下手は棚にあげて、このせいでと言い訳を考える一般庶民です。
結果は後日発送と言うことでしたが、嗚呼恐ろしい。

鳥は悪くない。気を取り直し春に向かって養生してあげたいと思います。

posted by unaginonedoko at 11:47| Comment(8) | ローラーカナリア歌節訓練2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月08日

訓練の時の籠の位置


s-画像.jpg
コンテストの審査では通常4羽づつ机に置いて審査します。
そして、置く位置は左上が1番、その下が2番、右上が3番で右下が4番。
訓練で籠を積む位置をいつも同じにしといて本番でも鳥の違和感が無いように、大会では出品番号を4で割った余りが1,2,3,4と訓練時と同じ位置に来るように番号を振りあてる。

と、こんなつまらないことを考えるのは此方だけでしょうね。

posted by unaginonedoko at 22:59| Comment(5) | ローラーカナリア歌節訓練2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

連休も終わりました

いつも近くの神社へ1日の0時を過ぎたころに行くと、町内会で甘酒を振る舞ってくれます。
今年は1日の日が昇ってから行ってきました。
画像 001.jpg
もう店じまい状態です。
今年もいい年でありますように・・・と、賽銭に釣り合わないようなお願いをして帰ってきました。

途中5日がウイークデイでしたが、今日の成人式で正月休みもお終いです。
振り返ってみればあっという間、あれもしたいこれもしたいと思ってただけで、やはり何もしませんでした。
籠の前に来てだらだらと時間を過ごす毎日でした。
画像 002.jpg
寒いところにいるので少し膨らみ気味です。
雌の方も1年もたつと人が居ても緊張することも無く、餌や青菜を食べてます。
それどころか鳥の顔色や目線を見ると、なんかさげすんでるような気がするんですが。
近くにいるのが他の人だと、また違ったアクションをするんでしょうね。


posted by unaginonedoko at 22:38| Comment(0) | ローラーカナリア歌節訓練2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする