2017年08月27日

クォーターソング

若鳥が一生懸命小さな喉を膨らませて健気に囀ろうとしてますが、まだ歌になってません。
いくらか点数の付くような囀声が聞こえるとうれしですね。
画像.jpg
点が付けられるような囀声はウォーターロール(WR)もどき、グルックロール(GR)もどきがほんの少し。
合計で10点というところでしょうか。
ハーフソングまでいかずにクォーターソングです。

クォーターが4分の一ですから、今 10点なので一人前になっても40点と平均点の70点にはまだまだ届きません。
訓練期間になったら大いに精進してもらいましょう。


posted by unaginonedoko at 15:52| Comment(0) | ローラーカナリア2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

換羽も進んで若もまた一回り大きくなったような気がします

盆間は涼しくて長袖を出したくらいでしたが、明けて暑さが戻り一昨日は夜の11時ころ温度計を見ると34度。風もなく湿気の多い夜でした。
昨日今日は少し涼しい気がしますが温度計では、室内で31度。風が吹き、曇天なのでいくらか過ごしやすいのでしょう。

親鳥は相変わらず、動きも鈍く囀りもなし。
若は良く動いてます。まだ羽は曼荼羅模様です。見てると一回り大きくなったようで、親鳥と同じサイズになったようです。
画像 003.jpg
上段の向かって左が親鳥
画像 004.jpg
下の段の右手前が親鳥

抜け毛も最盛期で、ベランダで風で舞ってます。
画像 001.jpg
水入れもこの通り
画像 002.jpg
彼岸までは続くんでしょう。


posted by unaginonedoko at 15:28| Comment(2) | ローラーカナリア2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月20日

すずめの餌

まだ餌をねだりながら親の後に続いて飛んでくる雀の雛のためにと、一度使って殻を吹いた餌を窓の外へ置いてみました。
画像.jpg
あんまり人気が無いようで、カナリアの籠に近ずいてこぼれた餌の方に群がってます。
置き場所が悪いのか、一度使った餌がおいしそうでないのか。
それとも、カナリアがたくさんこぼす餌で満腹なのかもしれません。

此方は何を言いたくて取った写真だったか?
画像.jpg
ちょっとだけ頭を出してる鳥も含めてこの籠は4羽居ます。
少し前に1羽が小囀えしてたので、掴み出したところ他の鳥もパニックになって1羽逃げてしまいました。
黄斑の緑のと緑のお父さんの子たちで、緑は緑ですが尻尾が白かったり腹に黄色い毛が混じったりします。

詰めたり緩めたり、その中でも合いそうな鳴き口や音色のものをペアリングする。
うまくいかなければ、次はペアお変えてとか孫子(まごこ)に期待して詰める・緩めるという具合に夢がもてるのがローラーのいいところです。
この写真の羽色もその副産物ですね。
交配以外も秋から始まる訓練。これがまた、また大きな難関です。

posted by unaginonedoko at 15:29| Comment(0) | ローラーカナリア2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

盛んにわけのわからない囀りを聞かせてくれる若達

親鳥は全く囀りを聞かせてくれません。
写真は盛んにわけのわからない囀りを聞かせてくれる若達です。
画像.jpg
来月末になれば少しは「これわ」って言う囀声の片鱗が聞けるでしょう。

…と思うけど、このまんまだったりして。
すこし不安の残る一日でしたチャンチャン。

posted by unaginonedoko at 19:02| Comment(4) | ローラーカナリア2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月11日

白の素材、緑の素材

今年は今のところ兄弟3羽が雄というのが2組居ます。
画像 003.jpg
何回か登場している白2羽と黄色の兄弟
画像 014.jpg
見ずらいけど、緑の兄弟。前回紹介した前指3本を失くした雌の子供です。

鳴き口が似た1羽を加えて4羽で聞いてみたいな〜
昨年は、東日本クラブのでチームで出品したもののあえなく玉砕だったんで、今回こそと期待したい!!!

今日は白の組も緑の組も盛んに小さな喉で囀ろうとしてました。
可もなく不可もなく元気がとりえですが、素材として楽しみです。
健気な雛鳥も徐々に成長しています。


posted by unaginonedoko at 20:20| Comment(2) | ローラーカナリア2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。