2016年10月15日

晴天の中で籠掃除

先の月曜日に、雄は個別仕立てしましたが、それまで入れてた籠は、雨は降らないと言う天気予報を信じてほったらかしにしてました。
画像 001.jpg
天気予報おどおり、雨は降らず今日は晴天。
午前中は、だらだらしてて午後から個別仕立てのラックの前で籠掃除をしました。

掃除中も盛んに囀るので、そちらに気を取られてなかなか掃除が進みません。
鳴かないな〜、鳴かないな〜...雌か。とか、たまにけたたましく鳴いたりで目が離せません。
親の方は、静かにゆっくりとと この時期からすると、まあまあだと思いました。

そんな状況で、明日は籠掃除も終わらせないと



posted by unaginonedoko at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ローラーカナリア2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月13日

少し遅ればせながら、個別仕立て

ノーベル文学賞にボブ・ディラン。
彼の作る歌の歌詞に含蓄があるんだとかテレビでやってました。
フォークソングとして聞いてたけど、詩がよかったんですね。英語なんでその意味までは理解できてませんでした。

how does it feel?
To be without a home
Like a complete unknown, like a rolling stone
(どんな気持ちだい宿無しの境遇は 誰にも相手にされず、転がる石のように。)
--「ライク・ア・ローリング・ストーン」から--

本題ですが、今年は延び延びになってた個別仕立てを雨の日をかいくぐってやっと10月10日にやりました。
画像 002.jpg
数日 世話の時に聞いてますが、少しずつ鳴いています。全く鳴かない雌も混在してるようです。
仕切り板もせず、前面は網を掛けただけで籠に慣らしてます。

これほどいても、ローラーはうるさくなくていいですね。
鳴き声が上がると喉を膨らませている鳥を探して、この鳥が鳴いてるのか と見ながら値踏みしたりしてるとすぐに時間がたってしまいます。



posted by unaginonedoko at 23:55| Comment(4) | TrackBack(0) | ローラーカナリア2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月09日

大根葉のもらい物

間引き大根を頂きました。
画像.jpg
この野菜が無い時に大変うれしいもらい物です。
ここ何週間も小松菜を節約したり、代わりにキャベツをあげてたので今日はたくさん食べてもらいましょう。

量が多いので、冷蔵庫の野菜室には入りきらないし残念ですが最後までは持たないでしょう。

posted by unaginonedoko at 12:25| Comment(3) | TrackBack(0) | ローラーカナリア2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月06日

緑と黄色

鳴き声で夢と驚きを与えてくれた傑作の記憶を頼りに自作鳥も交配や訓練を進めるのですが、できるのは迷作・駄作。
せっかくの素質をだめにする飼い主が悪いんでしょう。


羽色と音質で概ねですが、うちでは緑は低音・在来系、黄色は中音で外産が混じってます。
斑はミックスか黄色の亜流かという区分けで、どっちかというと低音がじょうずかな。

最近は まだ鳴き方は下手ですが、声量とか音質なんか素質を垣間見ます。
緑がグゥーと鳴いたり黄色がルゥー・・・と喉を膨らませるのを見るとうれしくなってきます。

緑の方は、年々声が柔らかくなってきたような気がします。
頭を下げて、たたくような単車のV型エンジンのような力強いGRが魅力的だったんですが、これはこれで耳触りがいい囀声です。
画像 002.jpg
画像 003.jpg

黄色は体が大きくなった。
画像 004.jpg
画像 001.jpg
これで喉が太くて中音と低音の音程差があり 歌節がはっきりしてるといいでしょうね。
我が家ではHR・HBの上手な鳥が、なかなか出ないんですが このなかから期待の中音を鳴ける鳥が出るといいな〜

いずれもまだ鳴き方が下手なんで、聞いてて緊張しますがだんだん良くなるでしょう。

続きを読む
posted by unaginonedoko at 12:41| Comment(4) | TrackBack(0) | ローラーカナリア2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月04日

今年も全力参加。昨シーズンの5-63点も気力十分

今年もコンテストは全力参加です。

リボンが取れるように頑張りましょう。


今年は、準備が遅くなって109日の3連休には、個別の籠へ入れようかと準備しています。

004.JPG

親鳥を個別仕立てに先駆けて、少しの間訓練したかったけど間に合わず。一斉にやるようになりそうです。

一羽一羽、手に取るので、この9月末から10月初めはメンテナンスにいい機会です。

爪を切ったり、薬を持ってる方は予防の投薬をしたり。元気な鳥は手に取る機会もあんまりないんで、この機会にリングを再確認したり肉付や脂肪のつき具合もついでにチェックできます。

005.JPG 

雑居籠を眺めると囀り始めましたが歌い始めのせいか競って鳴くせいか歌になってません。

歌を鑑賞するには、まだまだ時間がかかります。

003.JPG

傍聴するのもハラハラで緊張します。SFGが駆け足で聞こえるとどうしたもんじゃろの〜、と先行き不安になってきます。


昨シーズンに5-63点というとてつもない悪い点をもらった鳥は、その後 子孫を

残し現在は気力十分。

若鳥の指導に当たってます。親子併せて汚名挽回と努力しております。
002.JPG
どうかな?

posted by unaginonedoko at 23:01| Comment(2) | TrackBack(0) | ローラーカナリア2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。