2015年04月18日

雄親の出番と養護施設

孵化後2週間の雛たちは、盛んに餌をねだります。
やっと同居している雄親の出番です。
s-画像 001.jpg
抱卵中は、せっせと巣籠り中の雌に餌を運び、孵化直後も雌に餌を運んで雌を介して間接的に雛に餌を与えてました。
やっと直接餌を挿せるまでに育ちました。

こちらは、2011年雄と2010年雌。
自分たちの卵は産めなかったけど、産卵しても抱卵しない卵を托卵し、2羽の子育て中。
s-画像 002.jpg
今日新たに、1羽の雛が参加することのなりました。
足輪を入れたばかりの一人っ子。親は、餌は挿してるけど、次の巣引き準備に入り子育てが手抜きになったように見えたのでこちらに移しました。
前の2羽も今度の新入りにも、我が子のように餌を運んでます。

今年は、こんな親鳥がいて助かっています。



posted by unaginonedoko at 18:18| Comment(2) | TrackBack(0) | ローラーカナリア繁殖日記2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月12日

不調 その2

どうもいけん
先週に続いて孵化しても全滅が続き、合計4腹、十数羽が育ちませんでした。
s-画像 003.jpg
卵の方は、有精は2つで残りは無精卵。
托卵した1腹は、2個の有精卵が孵化し、今のところベテラン夫妻のもとで育っています。もう1腹は、有精卵は確認していたのに巣を立ってしまいました。ダニが出たようです。
そういえば、かゆそうに毛づくろいをしてるし、水を入れ替えるとビッショリ水浴びしてました。
庭箱は、巣引き前に灯油で拭いたのですが、それでもダニが出ました。
もしかすると他の、育たない籠も虫かもしれないと、今朝は抱卵中の籠も含めて、親を他の籠に一時移してから巣をレンジでチンして庭箱は殺菌剤で拭き掃除とノックレンを吹きかけ掃除をしました。

やっと育って、足輪を入れる日が来た籠は、足輪を入れるついでに巣をレンジでチン
s-画像 005.jpg
生育も悪いような、小さいような
やっと13個リングを入れました。


ここからは、少し元気になる話題で
予定日近辺になると、孵化が気になって、籠のそばで聞き耳を立てて、雛の声が聞こえるとうれしくなります。
s-画像 001.jpg
床を見ると孵化した卵の殻が落ちてて、「おおこれだと複数生まれてるな」とうれしくなります。
数日経つと、つくしのように首をもたげて餌をねだるのを見ることができます。
s-画像 002.jpg
こんな具合に、ぞろりと生まれて育ってる。親がせっせと餌を運んでる姿を見ると安心です。

こちらは、新芽を吹いた鉢植えの一部
s-画像 004.jpg
銀杏とミニバラです。
ミニバラは、葉が多すぎ。冬の間にごっそり切っておかばよかったんですが、このままだと黒点病やうどんこ病の餌食になりそうですね。

もう、花芽も付いてるんで間もなく、花が見れるようになるでしょう。

posted by unaginonedoko at 13:53| Comment(8) | TrackBack(0) | ローラーカナリア繁殖日記2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月04日

不調

最初のつまずきは、繁殖開始時点で戦力と思ってた雌を落としたこと。

雄を同居させても、今年は一斉にではなく、あっちに一つ、こっちに一つとばらばらでした。

4月1日から3腹孵化しましたが、うち2腹は★。
何がいけないのか、思い当たることはこれもあれもと、次々に頭に浮かびます。
  • 例年、抱卵に入ったら雄をはずして雌だけで抱卵から巣立ちまでやってもらいますが、今年は雄を同居させたままにしてること
  • 卵餌を手ずくりの者もあげてますが、合わせて今年は市販のものを使っていること
  • 巣草に部分的に毛糸を使ったこと
  • 水入れに小判を使い、孵化後もそれを使っていること(水の量は調整してますが)
残りの1腹も、心配で休日で家にいる今日は、しょっちゅう見回りに出たり、1度ならずも雛のソノウを確認したり。親鳥が落ち着かず、やっちゃいけないんですが、ついついやっちゃいます。

産卵しても抱卵せずが2籠
一つ目は、こちらに托卵しました。
s-画像 006.jpg
托卵先は2010年の雌、2011年の雄で取れたらいなと思ってましたが、無精卵を1個だけ産んで雌は巣に籠りました。あきらめて、偽卵を抱かせてました。
托卵の卵は3個で、今朝検卵したら有精卵が2つ。
子育てには実績のあるペアなので、期待してます。

2つ目はこちら
s-画像 008.jpg
2011年同士のペアで、毎年いい子を出してくれます。
今年は、4個の卵を産みましたがすべて無性卵。
ちょうど、検卵直後に抱卵放棄があったので、こちらに托卵しました。


と言うような具合で、不調です。

続きを読む
posted by unaginonedoko at 12:07| Comment(4) | TrackBack(0) | ローラーカナリア繁殖日記2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月29日

1回目の巣引き経過

週末は天気も良く、桜の花も咲きました。
うちのベランダは桜はありませんが、スミレとゼラニウムが花をつけました。
s-画像 004.jpg


巣引きはまだ孵化はありませんが、何籠かは抱卵中です。
こんな感じで、管理してます。
s-画像 001.jpg
左から
  • 籠No
  • ♂♀の足輪番号と羽色
  • 初卵の日
  • 抱卵開始日と卵の数
  • 検卵予実の日と有精・無精卵の数
  • 孵化予実の日と孵化数
  • 記事・備考(足輪番号もここに書きます)
多くの籠で順調に進んでます。


順調でないやつらの一部は、この週末は天気が良かったので、リフレッシュで日光浴をさせてあげました。
s-画像 002.jpg
右の籠から
  1. 抱卵放棄。産卵したけど、抱卵しないので卵は、2010年の雌にまかせました。托された雌の方は、今のところ何の違和感もなく巣に籠ってます。
  2. 卵を産まない雌たち。古い雌は予想してたので、健康で過ごしてくれればいいので繁殖期間も日光浴をさせてあげたいと思ってます。2,3年で発情せずと言うのは、何とかしたいな〜
  3. 雄を寄せ付けない雌。2羽の雄をつけたけど、撃沈でした。
  4. 雌に寄せ付けられない雄。写真の3番の雌から肘鉄を食らわされました。 引き続いて3番の雌とペアリングしたいので、日光浴兼、お見合い中です。

posted by unaginonedoko at 18:36| Comment(2) | TrackBack(0) | ローラーカナリア繁殖日記2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月24日

検卵

こちらは、以前に作った検卵器
s-画像 001.jpg
作り方は、こちらをご覧ください。

安価で簡単に作れるし、太陽で透かして見るより精度がいいと思います。

さて、今年の経過はどうかな?
s-画像 005.jpg
こちらは明らかに無精卵
s-画像 004.jpg
こっちは有精卵
s-画像 007.jpg
s-画像 006.jpg
懐中電灯の光を通しません。

これは迷うところ。無精卵なのか、育ちが遅いのか
s-画像 003.jpg
期待を込めて有精卵としときます。
posted by unaginonedoko at 09:24| Comment(4) | TrackBack(0) | ローラーカナリア繁殖日記2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。