2015年05月16日

530

黄斑・白斑キョウダイも大きくなりました。
s-001_1.jpg
雄親の灰がいじめないし、世話をするのですくすく育ってます。
灰が、ここの所 囀らず歌を忘れたカナリアになってますが、せっかく同居してるので囀って英才教育をしてほしいところです。


本題の530ですが、生後7日目で足環を入れたときに2羽キョウダイのうちもう片方は、育ちがよく丸々太ってたのですが、530の足環を入れた子は、小さくて足環もするりと入るくらいでした。
昨日、一昨日と足環が取れてないかと毎日巣を見てたのですが、どうも親が餌をあげてない様子。
今日(土曜日)と明日の日曜は、家にいるので餌を挿してあげようと思ってました。
今朝、餌を挿そうとするとだいぶ弱ってて口をあけてくれません。
牛乳を数滴、口に入れましたがだめでした。
牛乳でとどめを刺してしまいまったような気がして後味の悪いことをしてしまいました。


posted by unaginonedoko at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ローラーカナリア繁殖日記2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月10日

小囀

最初の雛が生まれて1カ月と10日ほど。
今日はグゼリ1羽目を発見しました。
s-画像 002.jpg
上段右隅の504番の斑です。
この籠にいるのは、雑居籠で尻尾を抜かれてしまった若が3羽と09年雌(戦力外)を入れてます。
黄色の鳥が毛を抜かれるやり玉にあがるようです。

こちらも小囀(ぐぜり)がちらりと聞こえました。
s-画像 001.jpg
緑が10羽入ってるので、どの鳥が鳴いたんやら、わからなくなってしまいました。


今朝、11年同士のペア、緑×灰、から孵化しました。
4歳同士なんであまり期待してなかったけど2羽孵化してました。
肌の色が黒っぽかったんで緑か灰。
お母さん似の緑が出来てるとうれしいな(その前に、不調の今年は育ってくれるか)。


posted by unaginonedoko at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ローラーカナリア繁殖日記2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月06日

養護施設では

2個の托卵と1羽の託児を請け負った養護施設では保父さんは、雌親との籠分け後「餌くれ餌くれ」と付きまとう養子たちに追い回されています。
s-画像 002.jpg
保母さんは次の托卵を予定して偽卵を入れて待機してます。
s-画像 001.jpg
抱卵しないんじゃないかと、目星をつけてた提供元の雌鳥が巣に入ったので空振りになっちゃいました。

巣に入って健気に偽卵を抱いてるのを見ると気の毒です。
というより、そんなことやってる飼い主は大悪人ですね。

posted by unaginonedoko at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ローラーカナリア繁殖日記2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月05日

庭箱繁殖での不調ペア達のその後

1回目の巣引きで不調で1羽も取れてなかった庭箱の状況は、今のところやはり不調です。
s-画像 003.jpg
  1. 右上段は、産卵後抱卵を放棄したのですが、今回は4羽を育て一昨日足輪を入れました。
  2. その下の黄色ペア。1回目は産卵せずでしたが、今回は2羽孵化し昨日1羽★。餌をあげてないようです。昨日から残りの1羽に昼と夕方に挿し餌をしましたが、今朝も餌をあげてないようだったので、挿し餌後に左上段の籠に託児しました。
  3. 左上段は2羽孵化。1羽★。やはり子育ては下手なんでしょうね。かろうじて、餌は運んでいるようなので中段の右の子と併せて2羽の育雛としました。気になってしようがない。ベランダに出ると、籠に耳を当てて雛の声を確認してます。どうなるか心配です。
  4. 中段左は2羽孵化、2羽とも★。これも育雛下手なんでしょうね。次の産卵はまだですが、託児所ペアの方の3羽がそろそろ一人餌なんで、使うかどうかわからないけど待機させようと思います。
  5. 下段の2籠。抱卵中で、有精卵もありそうなのでこのまま経過を見ています。前回は左は、孵化後全滅。右は、ダニのせいでしょう孵化前に雌が巣を立ってしまいました。
左の3籠と、中段の右の籠は何とか雛を取りたいので、次回も予定しています。
6月〜7月になってしまいますね。


posted by unaginonedoko at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ローラーカナリア繁殖日記2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

籠分け

若が巣立ちの頃は、雌親は次の産卵に入り若を巣から追い出して、ピィーピィー餌をねだる若の羽をむしって巣作りを始めます。虎の穴のしれんですね。黄色の若がやり玉にあがるようです。
うちではこのあたりで、若は親雄と一著に別の籠へ移動します。
雌は巣に入り、別籠の若は親雄に餌をもらいながら、徐々に一人餌になります。
s-画像 002.jpg
もう少し、このやり方を補足すると
  • ペアを換えて次の繁殖をするときには、産卵後に雄をはずして雌だけで生後10日くらいまで育児をさせます。
  • 生後10日位で、次の雄を籠に入れます。雛が口をあけると、自分の子じゃないけど雄は雛に餌を運びます。
  • 巣立ちのタイミングで、雌は次の産卵を開始し、雛を巣から追い出します。
  • 卵を2つ産んだら、皿巣の交換。3つ、4つ産んだら雄親と雛を別の籠へ
今年は産卵後も、雄を同居して抱卵を進めました。

タイミングの差があるので、この通りにはいかないことも多々ありますが、そこはアドリブで補足してうまく次の抱卵と一人餌につなげます。
今年予定通りでなかったのを思い出すと
  • 巣立ち前に雌が発情・・・巣をもう一つ追加してしばらく若を移した
  • 巣立ち直後の若の羽を抜いていじめる・・・雌が、卵を産むまでかわいそうだけど若に我慢してもらいました。
  • 卵を産んでもいじめのない団らん家族・・・そのまま、しばらく同じ籠で同居

まだ、卵餌や浸し餌の離乳食をあげてますが、少しずつ粒餌を拾えるようになってるようです。



posted by unaginonedoko at 11:04| Comment(2) | TrackBack(0) | ローラーカナリア繁殖日記2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする