2018年11月08日

訓練20181108

籠を積んで鳴き声を聞いてみる
IMG_20181108_103503.jpg
若は落ち着きなく籠を右往左往して、鳴くことに集中してくれません。
親も調子が早くて、声が上ずり気味。合併症に片足突っ込みながら鳴きます。

外箱に入れるときはこんな感じです。
IMG_20181107_082024.jpg
前にカーテンをかけてもう一段暗くする予定です。
前の3羽は、12年、13年の鳥を置いてます。上手じゃないけど、ゆっくり鳴いてくれるので外に出して自由に鳴かせています。



posted by unaginonedoko at 19:59| Comment(2) | ローラーカナリア2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
季節や環境の変化に関係なく、ほぼ同じ鳴きをしてくれる雄って、ありがたいですよね。
Posted by Whitedove at 2018年11月10日 15:58
Whitedoveさん
いつもコメントありがとうございます。上手な鳴き声だったらいいんですけど、今は先生と呼べる親鳥がいなくて心配してます。キヤリアのある親鳥は、ほかの鳥の影響を受けにくいので安定してるんですが、残念ながら悪いほうで安定なので喜んでられません。
Posted by 管理人 at 2018年11月11日 10:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。