2017年10月09日

訓練籠の準備と個別仕立て

今まで、金籠を置いてた本棚を訓練用の外箱に改装しました。
画像 002.jpg
背面に夏間は網を張ってましたがべニア板に模様替え。棚を用意してコンテスト籠を収めるように改装。

訓練用の籠を用意して棚に収めます。
画像 001.jpg
何とか今日は、訓練籠を用意して親・若雄を入れました。
親雄が去年たくさん残したんで、まだだいぶ金籠に残ってしまいました。

今日の作業の途中で金籠で囀るのを聞くと、崩れてひどい鳴き声のもいるし、去年に比べて柔らかく上手に歌っているのもいました。
時々入れ替えて鳴かせたいと思います。

やっとここまで出来たけど、ベランダは金籠なんかは出しっぱなし。
後始末にもう少し時間がかかりそうです。
その間に、鳴き(囀り)が進んでくれるでしょう。



posted by unaginonedoko at 23:49| Comment(2) | ローラーカナリア2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。
着々と訓練の準備が進んでいるようですね。親鳥も雛鳥も鳴きが進んで、個立てにすると更に良くなって来ることでしょう。
Posted by meramejiro at 2017年10月11日 08:32
meramejiroさん
なかなか進んでないんですよ〜
親鳥が多くて、今年は訓練場所をどうしようか困ってます。教師鳥を選んでたらシーズンが終わってしまいそうです。
Posted by 管理人 at 2017年10月11日 12:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。