2017年04月16日

6分の6

通常卵は4〜5つ。うちでも今年は卵を6個産んだのが1つだけでした。
足の指にハンディーキャップを負った雌が毎日続けて4つ産み、次の日から2日産まなかったので抱卵に入ったのですが、検卵の時に見てみると6個。それもすべて有精卵でした。

昨日から孵化が始まって籠の床に卵の殻が落ちてるのを見て巣を除いてみると、数羽の雛が孵ってました。
今日、巣を取り出してみたら
画像 002.jpg
もぞもぞと。
無事に育ってくれることを期待しています。



posted by unaginonedoko at 23:52| Comment(4) | TrackBack(0) | ローラーカナリア繁殖日記2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは!
巣引きも順調なご様子で何よりですね。
昨年、我が家でも6つ子が生まれ、6羽とも無事に巣立ちました。大事な系統だそうですので、是非、子孫を残したいですね。
Posted by さんた at 2017年04月19日 08:53
さんたさん
こんにちわ、コメントありがとうございます。多産系の子育て上手なお母さんから生まれた雌鳥なので上手なのかもしれません。オスのほうも邪魔をせず、雌鳥に餌を運んでいます。他の籠に比べると安心してみてられます。
Posted by 管理人 at 2017年04月19日 12:18
こんにちは
子育てに協力する♂ならがいるところは、雛鳥が良く育ちますね。
Posted by meramejiro at 2017年04月19日 12:53
meramejiroさん
そうですね。雄雌2羽で餌を運んでいる籠は大きくなるのも早そうです。
例年は、抱卵に入ったらオスを籠から外して雌だけで育雛してもらいますが、雌のほうが熱心だと雄がいないほうが邪魔がなくていい場合があります。長短あります。
Posted by 管理人 at 2017年04月24日 15:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。