2017年04月09日

繁殖時の水浴び

繁殖の間は水入れを金籠に勝った時についてきた餌入れ水入れの水入れを使い、庭箱は小判の陶器の水入れを使います。
画像 010.jpg
自由に水浴びをさせてます。
もう少し暖かければ、風通しを良くしてあげたいけど冬の続きで風が入り込まないようにしてるので湿気が多くなります。
不潔になるけど、まあいいかでこんな風にしてます。バナナ水入れ使ったりで やめたほうがいいのかな?



posted by unaginonedoko at 21:18| Comment(3) | TrackBack(0) | ローラーカナリア繁殖日記2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは!
子供の頃、レモンカナリアの巣引きをしていて、夏の暑い盛りに母鳥が体に水をいっぱいつけてヒナ鳥の上に伏せて体を冷やしてやっている姿を見てすごく感動してことを思い出しました。小鳥は本当に水浴びが好きですね。
Posted by さんた at 2017年04月11日 10:56
卵を抱いている時の水浴びは必要なようですが、育児に忙しいと体も十分に乾かないうちにあわてて雛のところに帰り餌をあげています。母鳥が風邪を引かないか心配になります。それぞれの家で環境が違うと思いますが、11日のような冷たい雨の一日は本当に嫌ですね。小さい体で一生懸命に子育てしている姿は感動的です。
Posted by メソ at 2017年04月12日 09:55
さんたさん、メソさん
こんにちわ、コメントありがとうございます。適度な水分は卵にも雛にも悪くないんじゃないかと思いますが、どうでしょう。
まずいんじゃないかと思うところは
・暖かくなって巣が蒸れる
・籠が不潔になってカビが生える等不衛生になる
・籠が湿気が多くなるのでダニなんかの害虫の発生
Posted by 管理人 at 2017年04月12日 22:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。