2017年03月20日

12年の種鳥

これが繁殖時の資料です。
画像 003.jpg
上はカレンダーで、抱卵開始以降の検卵日、孵化予定日、孵化予定日、リング装着予定日を書きます。
下の左は籠番号ごとの、ペアの足輪番号からカレンダーで書く予定日、実績日と数。右の欄に装着したリング番号を書きます。
この管理表は、付け親を決め参考だったり訓練の時の声を聞いて見直し、その血統と交配を確認するなんかでその後1年は良く見返します。

右下の文字が並んでるか見ですが、今年初めて作りました。
交配の狙い。
昨年まで繁殖時には狙いを付けてペアを組みますが、雛が取れたらそんなことはほとんど忘れてしまって、「多分これでよかったはず」気分で訓練チームや付け親を決めコンテストに出してます。次の繁殖シーズンを前にペア組みを考えると、「あれ!残って無い」だとか「前々回はこれがねらいだったけど、違ってる」とか「なんでこんな組み方をしたのか。次に繁殖に使えない」とか...
なんせ、3歩歩いたら忘れる飼育者なんで、残しとかないとと思って作りました。

今回は16年の鳥中心でペアを組んでいます。
その中で、12年の鳥を2羽使うようにしました。
15年以前の鳥は雄も雌も子孫は残してますが、次の2羽は0ではないけど直子が少ないんです。
画像 001.jpg
巣に座り込んだ鳥。
無理のないように進めようと思います。

次はこちらの写真で上段の黄色
画像 002.jpg
飼い主がお亡くなりになり引き取った雄で、血統は不明。
低音と節回しの魅力的な鳥で、うちには居ないタイプです。
どれと掛けていいのか迷ったんですが、手前の在来で低音系のグレーを選びました。
雛を取っておけば失敗したら来年以降で戻し交配を考えるとして、まず雛を取りたいと思ってます。



posted by unaginonedoko at 15:48| Comment(2) | TrackBack(0) | ローラーカナリア繁殖日記2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます!
順調に巣引きに入れたご様子で何よりです。
ペアリングした理由や結果を記帳しておくことは大事ですよね。
私も、物忘れが激しくなってきたのでペアリングの状況は克明に記帳するようにしています。
Posted by さんた at 2017年03月21日 08:31
さんたさん
こんにちわ。彼岸も過ぎて、さんたさんも繁殖に入られたことだと思います。何となく勢いで、とか2回目以降になると空いてる雄はこれしかいない、とかになるかもしれませんが忘れるよりもいいかと思い書きとめました。一旦緩めてまた詰めるような何年か越しの狙いがあるのには活用ができると思います。
Posted by 管理人 at 2017年03月21日 14:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。