2016年10月01日

賞状リボンの製作

我がクラブでは、コンテストの入賞賞状にはリボンをつけます。
今年の分が不足となったので新たに作ることになりました。
画像 002.jpg
左からの3つが京都のお土産で首席・次席・参席。
次の2つがお隣のクラブの主席・次席、その次の2つが我がクラブの首席・次席。参席もあったはずなんですが、かたずけ下手でどこかに行ってしまいました。
そして、その次の3枚が、今回調達した我がクラブの首席・次席・参席です。

下の部分の波型カットがまだですが、ほぼ完成です。

最初に業者さんに見積もりをしてもらったところ、特注品となりリボン布地の関係もあって100単位だったかな、ロットサイズが大きくなります。それほど多く無くてもいいのですが、金の字の印刷が高く版下を作って印刷するので、数量に比例して安くなるんじゃありません。
代替え案も検討しました。
・リボンなし
・市販品にマジックで首席・次席・参席を書く
・トロフィーなどの代替え品
・折り紙で代用
・今回採用になった材料購入、印刷など別々に注文し自分らでできるところは自分らでという方法
(リボンなしと折り紙は、小生の案ですが、即却下でした)

今回もまた、ジャンヌダルクのように旗を振ってみんなを導いてくれるYさんにご尽力いただきました。




posted by unaginonedoko at 22:30| Comment(3) | TrackBack(0) | ローラーカナリア2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちわ
コンテストの準備、工夫してコスト削減ですね。
わいわいがやがや、仲の良い仲間が集まって
決められているのですね。
Posted by meramejiro at 2016年10月02日 15:57
コンテストの賞品には頭が痛いですね。
私どもの倶楽部では、以前は若鳥(2)・親鳥・白鳥の各部門の3位までにトロフィーを授与していましたが、毎回3万円以上もかかりましたので経費削減で廃止し、長老から譲っていただいた大きなトロフィーの持ち回りにしました。賞状だけだとお金がかからず助かっています。
Posted by さんた at 2016年10月03日 08:50
meramejiroさん、さんたさん
コメントどうもありがとうございます。
発端は、集まった時に話が出たのですが、後は同報メールで意見など交換しました。
動いて頂いた方には大変感謝しております。
これで数年分ありますし、今回版をもらってるので、不足になっても次回は安く作ることができます。
Posted by 管理人 at 2016年10月03日 22:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。