2015年03月14日

巣引き開始

皆さん、グリーンャンボは買いましたか。発売は昨日の13日の金曜日まででした。滑り込みで買ったものの、いつものように300円かな〜

こちらは、先週の写真。
しばらくお預けになる日光浴シーンです。
s-画像 002.jpg
その横で、せっせと巣草の準備です。
これは市販のもの。(もらいものですが)
s-画像 005.jpg
取ってきた棕櫚
s-画像 003.jpg
これをほぐして
s-画像 006.jpg
櫛ですいて
s-画像 007.jpg
針金を播いて、10センチ弱に切りそろえて出来上がり。
s-画像 008.jpg
棕櫚の他に、今回は毛糸と雑草の枯れたのと3種類を作りました。
1番人気は棕櫚で、毛糸も人気が高かったのですが、雑草はほとんど見向きもされませんでした。

そして今日、2籠で産卵開始しました。

雌の籠にポンと雄を投げ込むやり方をしたので、タイミングが合わないのが大多数です。
こちらは、失敗写真です。
雄の攻撃で、足を痛めてしまいました。
s-画像 009.jpg
雄をはずして、少し養生します。

次は、足の指から出血して、止まり木が血だらけになったところです。
s-画像 010.jpg
傷は深く無く、巣ずくりも含めて動き回るので傷がふさがらずにこんな状態になってしまいました。
出血はあるものの元気に動き回ってます。

雄を投入した後で寒い日が続いて、調子は良くありません。
今日は暖かく、以降1週間はかなり暖かくなるという予想です。
今日あたりに、雄を同居させるのが良かったんでしょうね。



posted by unaginonedoko at 19:01| Comment(6) | TrackBack(0) | ローラーカナリア繁殖日記2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
暫くです。雄の移動はコンテスト籠を使用します。割り箸やストローを使い追い出し、追い戻しの訓練を二・三度繰り返すと条件反射で覚えます。雌籠・雄籠の入口を連結して開くと割り箸など使用しなくとも移動します。
Posted by ひとこと居士 at 2015年03月15日 10:34
ひとこと居士さん。どうも御無沙汰してます。 他の種類のカナリアで、籠の移動の訓練と言うのを聞いたような気がしますが、それですか? うちでは籠移動は、年間通してみるとそれほど、回数は多くないので、必要な時には手を突っ込んで掴んでます。 ベランダ飼いなんで気をつけてやってるせいか、このごろは、ずいぶん上手になったま〜と実感します。
Posted by 管理人 at 2015年03月15日 19:35
いよいよ始まりましたね。
銘鳥をたくさん作ってください。
どんな子ができるかな?うまくペアリングしてくれるかな?と不安と期待の開始ですね。
当地は、まだまだ朝晩の冷え込みが強く氷点下の日が続いていますので、もう少し暖かくなってからにします。
Posted by さんた at 2015年03月16日 07:49
コンテスト籠を使用して条件反射を活かした籠移り訓練はストレスや暴れ騒ぐことを無くすことを主眼にしてます。(作業効率高める家畜や犬を訓練するのと同じです)
雄雌共に発情してれば、雄を入ると待ってましたと瞬間的に交尾しますから雄をコンテスト籠に戻します。雄雌同居させないので、喧嘩をさせずにすみます。
雄を雌よりも1週間早く発情させる(肛門突起8o以上を確認)ことが無精卵を防ぐコツです。毎早朝に3個産卵まで続けます。
くどかったらごめんなさいね。
Posted by ひとこと居士 at 2015年03月16日 20:38
さんたさん
コメントありがとうございます。
こちらは今週は暖かいという天気予報ですので、ペアリングは先週末がベストタイミングでしたね。雌は3歳以上が多くて、そいつらはまだのんびりしてます。
Posted by 管理人 at 2015年03月16日 21:51
ひとこと居士さん
ご説明ありがとうございます。
残念ながら、そこまでの技量はまだありません。訓練や見極めなど、そこまでできればベストでしょうね。同居のタイミングと言うことでは参考になりました。
Posted by 管理人 at 2015年03月16日 21:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。