2015年02月22日

2月最終週の状況

20日を過ぎると例年では、メジロのさえずりが聞こえ始めカナリアのうちいくつかは無精卵を産んでしまします。
寒いと成績が良くないんで、卵は産み捨てます。2週間くらいでまた卵を産み始めるので3月になってから雌を繁殖用の籠に移します。
今年も(今日も)雌を見てると、発情しきりで、何羽かは羽をパッパッと広げたりボレー粉に入って座り心地を直してます。
s-画像 003.jpg
一応準備はしたけど、どうしようかな。早そうなのが2羽いるんで移そうかな。少し悩みます。

こちらはミニバラ。芽が動き始めました。
s-画像 002.jpg
花もいいけど、この芽出しの姿がお気に入りです。





posted by unaginonedoko at 20:05| Comment(2) | TrackBack(0) | ローラーカナリア繁殖日記2015 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
悩みどころですね。早い方は二月中に雛を採ったりしていますね。でも、急に三月になっても寒くなる日もあるので卵詰まりとかは裂けたいですよね。我が家もラブラブカップルが一組。巣皿を干していたら「早く籠に入れて。」という目で見られています。
Posted by メソ at 2015年02月23日 08:25
メソさん
同じような調子ですか。今日のような暖かい日だと、ますます危険ですね。
週間の天気予報を見ても、もう少し気温が高めに安定してくれるといいんですけど。
Posted by 管理人 at 2015年02月23日 17:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。