2019年05月24日

腰抜け

足環を入れるときに気づいたんですが、開脚病、ペローシス いわゆる腰抜け(という風に聞いた記憶があります)です。
雛の足が開脚してしまい、このまま育つと止まり木にも止まれないということでして、我が家でも初めての症例です。

インターネットを検索して対処を試みます。
s-IMG_20190522_071201_1.jpg
スポンジに穴をあけて足を通しています。

いつもは1人子や2人の時には予防対策で偽卵を数個入れときます。
今回は、親が偽卵を捨てたのに気づかなかったのと雌の抱きが堅かったせいでしょう。
2日ほどで治るとインターネットにはありましたが、どうなることやら。
大切な一人っ子、治ればいいんですが


こちらは燕の雛。
電線に止まって、親の給餌を待ってます。
ほか種類の鳥も最盛期です。
s-IMG_20190521_123438.jpg

posted by unaginonedoko at 00:13| Comment(4) | ローラーカナリア2018 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする