2017年05月03日

雑居籠の雌の産卵が続く

まだ雌の雑居籠では無精卵の産卵が続きます。
画像.jpg
巣材も入れてないので他の鳥の毛をむしったり、青菜の切れ端を使って巣をつくります。
かわいそうだけど、もうしばらくしたら卵は片付けてあげることにします。

餌は卵餌や菜種などの発情餌は避けるのと青菜を多めにしてあげ、日光浴もしばらくお預けしたり水浴びも制限して発情しないようにしてるつもりですが、気候が良くなったしやもめの雄鳥が鳴くし、近くで雛の餌をねだる声がするし でしょうがないんでしょうか。
健気というより寂しい気持ちになってしまいます。




posted by unaginonedoko at 17:27| Comment(2) | TrackBack(0) | ローラーカナリア繁殖日記2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月04日

一人餌までもう一息

巣から這い出してきました。
画像 001.jpg
画像 002.jpg
元気に育っています。体格も良く、今年はどの籠も毛を抜かれる雛が少なく概ね順調です。
緑が出遅れてますが、もう少しで巣から這い出してくるでしょう。
画像 005.jpg
画像 004.jpg
11/20。今のところ約半分が緑のようです。
羽色までは、だいたい予想通り。さて何羽雄が居るか、囀りが期待通りであればいいんですが。。。

あの人の緑はあの歌節に特徴が、この人のはこの節回しが、と緑でも記憶に残る名鳥が居ます。
うちのは根は同じようなもんだし、例年のようにあそこが弱点なんだろうな〜、と思いながら眺めてます。

posted by unaginonedoko at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ローラーカナリア繁殖日記2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月07日

ゴールデンウイークの花

手を抜いてかわいそうなのですが、期待以上に元気です。
画像 005.jpg
いい時期に刈り込んだり植えかえたり肥料をあげればいいけど、さぼって水だけあげてます。
画像 003.jpg
こちらももう少ししたらつぼみが開きそうです。
画像 004.jpg
近くで藤の花の蕾を見たので、今日はこれから買い物ついでに覗いてきます。

posted by unaginonedoko at 14:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 植木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月08日

籠分けは

画像 001.jpg
雛が巣のふちに立つころには、雌鳥は次の産卵の準備・産卵に入ります。
生後10日くらいは、直接雛に餌をあげることができなかった雄も、この頃には雌に代わって雛に餌をやり雛も徐々に一人餌になっていきます。
---例年の2回目、3回目進め方---
@生後14日から20日前には、雌の籠に一旦育児から外れていた雄で次にペアにする雄を入れます。
 皿巣を追加してかけてあげられるスペースがあれば追加し、なければ皿巣に巣材をセットして交換
A雌が次の産卵準備・産卵に時期になると、雛を巣から追い出します。
B産卵が始まったら1個づつ偽卵と交換
 抱卵開始1日前に籠の掃除と皿巣を交換。雌は座り心地を直します。
C雌が産卵を終わるころには雛の育児は雄が活躍し、雛が餌を拾うようになれば籠分け可能。
 雄と一緒に籠分けします。
 親鳥が雛の毛をむしるなどいじめなければ、籠分けは慌てなくても大丈夫。
---今年は---
雛が巣から出てきた5籠は、今期は手仕舞。
巣の交換もせずにいますが、雌は卵を産んでいるようです。
雌の産卵が終わり少ししてから巣を外すようにします。
今年は手仕舞の籠は雄と雛を残して雌を他の籠に移そうと思います。
画像 002.jpg
posted by unaginonedoko at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ローラーカナリア繁殖日記2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月13日

蛇足だったかな〜

5つの籠で20羽の雛が育ってます。
それと他に3籠の繁殖を進めてますが、そのうち2籠が今日孵化したようです。
籠の下に卵の殻が落ちてました。
こちらがそのうちの1つ。
画像.jpg
早速、グレーの雌は雛に餌を運んでいるようです。

実はこのペアは、多分雄のせいだと思いますが2回の産卵合計9個の卵は全て無性卵でした。
検卵で無精卵とわかった、ちょうどその頃に他の籠で2回目の産卵が始まったのがあったのでその卵を抱かせました。
産みの親のほうは2羽の雛が取れたので、写真の籠が有精卵だったら手仕舞いだったんですが2羽しか取れなかったっていうことと写真の雌のほうも健気に、あきらめずに巣に籠っていたので此方に托卵しました。
今年は雛の数を少なくしようとしてるので、蛇足だったのかとも思うけどどうでしょう。

雌のほうは来年のためにも育雛しといた方がいいでしょう。
役立たずの黄色の父ちゃんは育雛と付け親で頑張ってもらいましょう。


posted by unaginonedoko at 21:27| Comment(4) | TrackBack(0) | ローラーカナリア繁殖日記2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。