2016年03月12日

六曜日

雌の一羽立てはゲンを担いで大安にと、先週の日曜日に一羽立てしました。
続いて雄の投入も大安をと、6日後の昨日の3月11日にペアリングを始めて一服しながらカレンダーを見ると、なんと11日は仏滅でした。

ああ、雌の一羽立てに続いて4羽の雄の投入も仏滅にやってしまいました。

滅して開始ということで と気を取り直して残りの雄の投入は今日12日の大安に引き続き行ったわけですが、このまんま滅して起き上がれないんじゃないかと不安です。
まあ滅するものなんか そもそもないんですが。「なにもない自分に小さなイチを足していく」、堀江先生の仰ったお言葉を念頭に今年も地道に頑張ります。




posted by unaginonedoko at 20:45| Comment(4) | TrackBack(0) | ローラーカナリア繁殖日記2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

巣草にサイザル麻

棕櫚の皮をいつも取りに行ってるところ工事中で、今年はどうしようかと思ってました。
困った時はインターネット
探してると、アニマルバードっていうお徳用巣草にするか、サイザル麻のロープを買ってきてほぐして使うか。
サイザル麻は複数の方が使ってるということでした。
そこで、価格で探して見ると6mmΦ 200mで6000円弱+送料。5mmΦ 10m×3でヤフオクで送料を入れて1200円強。

どうしょうかと迷ってたら、6mmΦ 200mで3000円+送料を見つけて購入。展示品で色が日焼けしてるというので特価で出てました。
画像 001.jpg
画像 002.jpg
巣草だけだと200mあると長すぎますね。30mのやつでよかったのかもしれません。
お得ですよと聞くと買いたくなる貧乏人のサガですね。あと10年もすると自分の部屋は通販の健康食品やスポーツ器具で一杯になるんでしょう。

サイザル麻のロープで皿巣を自作というのも聞いたことがあります。
まあでも、皿巣を作ることはないでしょう。


posted by unaginonedoko at 21:39| Comment(6) | TrackBack(0) | ローラーカナリア繁殖日記2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月16日

知らない間に抱卵開始

11日に雄を入れてペアリング
昨日の15日の朝、雌が巣に籠って覗くと羽を小刻みに震わせて出てこないので、卵詰まりを気にしてました。
今朝も巣に籠りっぱなしでしたが餌を食べに出たわずかな隙に巣を見たら、なんと既に4個産んでました。
画像.jpg
一昨日まで巣草を咥えて巣ずくりに励んでると思ってたのに、気づくのが遅れました。

この籠は、もうこのまま抱卵開始。
ペアリングして間もない産卵なので結果は少し不安ですが、半分孵化すればうれしいな。


posted by unaginonedoko at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ローラーカナリア繁殖日記2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月19日

ペア組みして1週間

ペアにしてから1週間が経ちました。
立派に巣を作って産卵するいい子もいますが、巣を作っちゃ壊し、挙句の果てに巣草なしの巣皿の上に産卵する子もいます。
ペアの半分以上は産卵せずに毎日卵餌ばっかり食ってますが、まあこんなもんでしょう。

画像 001.jpg
それほど大きな期待ではないけど2011年同士のペアは、今日で3卵目です。
年とともに有精率が下がるといいますが、どんなもんでしょう。

画像 002.jpg
りっぱな巣を作って座り込んでますが、まだ産卵してないエアー抱卵。もうすぐでしょう。

11日の仏滅にペアリングした4組は3組が抱卵開始。1組は産卵中になりました。

産卵中で抱卵前が4つ
画像 003.jpg
餌箱に入れた紙には初卵の日付と毎日、産んだ(〇)、産まなかった(−)を書いてます。
上の段の左から二番目の餌入れの3個の卵のうち右側の小さな卵。
明らかに失敗作で、多分黄身の入ってない卵でしょう。

上段の右側の餌入れは偽卵です。
今回は一斉産卵じゃないんで偽卵がまだごっそりと余ってます。

posted by unaginonedoko at 14:43| Comment(5) | TrackBack(0) | ローラーカナリア繁殖日記2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月21日

管理表

抱卵に入ってただ食うだけの脳なしに格下げとなった雄を集めて雑居籠へ入れてたら、1羽怪我をしてしまいました。
画像 002.jpg
2011年鳥で同じ籠に入ってきた若い雄に薫陶を授けてたのですが、若い者は知ったことじゃありません。
少し深手で怪我した翌日は元気がなかったのですが、今日は元気にしてました。一安心です。


昨年の繁殖用の管理表です。
画像 004.jpg
左から
  1. 籠NO 10の桁はラックの番号で1の桁はその中の位置
  2. ♂♀   親鳥の足輪番号と羽色+ちょっとした系統
  3. 初卵日
  4. 抱卵日
  5. 検卵日の予定と実績 ()内は分母は卵数で分子は有精の個数
  6. 孵化予定日と実績と孵化数
  7. 記事・備考 リングの番号とかダニでやられた、どこそこへ托卵したなんか
1の籠Noにスラッシュが入っているのは、実績0。全部無性卵とかダニでやられたとか。こうみると去年はすごい成績が悪かったなと改めて見直してます。
備考欄の丸で囲んだリング番号は、小囀で雄と判別した時につけました。これがあると訓練の時にも系統がわかるので付け親をどれにするかとか、あの親からこんな声かとかに使いますし、気に入った鳥が出たときには、その兄弟はという具合に使えて便利でした。

後はカレンダーソフトから印刷しただけですが
画像 005.jpg
六曜付のものにしました。
抱卵日、検卵予定日、孵化予定日、巣立ち予定日
先頭文字を〇付で書いて、それに籠NOを書いてます。
なるべく週末に出来るようにコントロールしようとしますが、鳥は気まぐれで待ってくれません。


posted by unaginonedoko at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ローラーカナリア繁殖日記2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。